安住紳一郎 川田亜子


安住紳一郎は後輩の川田亜子が自殺したことを今でも自分の責任だと感じているんですね。

何かできることがあったのではと今でも毎日考えてしまっているのだと思います。

それがラジオ番組でのあの告白に繋がりました。きっと安住紳一郎は川田亜子さんが忘れられてほしくないのだと思います。

でも亡くなった人はもう戻ってはきません。これはどしようもないことなんです。